x-アプリとは

今時の音楽聴取はスマホ? それともプレイヤー?

時代が経過した中で様々な技術が開発され、その産物として多種多様な製品も開発されるようになった現代。それを科学の神秘だとか、人間がなせる業といった具合に褒める人もいるだろうが、必ずしもそれが良いとは言えない要素もある。また溢れんばかりに新製品が一年間で何度も開発されている中では、どの商品を購入すれば一番いいのかというような悩みを抱える人もいるかもしれない。そんな中でいかに自分にあっている製品を見つけられるか、見つけるだけでかなり悩まなければならないため、進化しているがその分手間が増えてしまってどうしようもない状況にだと言っても過言ではない。様々な技術が搭載されながらも、一歩先の商品ばかり追い求めていると目移りしてしまってどうしたらいいのか迷ってしまう人も少なくないはずだ。

そうした中で一つ例をあげてみると、音楽の聴き方についても昨今では変化をもたらしているといえる。このところ電車などに乗っていると思うのは、以前よりも明らかに音楽を聞いていない人が増えていることだ。筆者は常に音楽を聞いて電車に乗っているため、見方次第でかなり浮いた存在と思われているかもしれない。ただ学生時代から常に聞き続けているため今更変えられないのもあるが、音楽を聴いていることで自身のテンションを維持するという役割も含まれている。使い方次第だが、個人的に音楽は生活する上でどうしても必要な生活用品となっている。

音楽を全く聴いていないという人はいないが、最近見かけるのはこれまた昨今開発され急速に普及し続けた結果、日本でも多くの人が利用しているスマホで音楽を聞いている人を見かけることがある。スマホ以外にもアイフォンで聞いている人、もしくはアイポッドなどを利用している人もいるだろう。誰がどの機器を使用しているかという違いは良いとしてもだ、やはり音楽を聴くのであれば専用にプレイヤーで聞いた方がいいだろうと思うようになった。

筆者がスマホに変える前、一時期ガラケーで音楽を聞いていた時期があったが、その時はプレイヤーを買えるだけの余力が無かったため、携帯で我慢していたが電池の減りが早くて困ったものだ。音楽プレイヤーとして使っていた側面もあったため、携帯そのものの電池が減るのが早くて難儀したものである。そうならないようにそれからプレイヤーを購入して、何度買い替えを重ねることとなったが、最終的にはプレイヤーで落ち着いている。

今はスマホやアイフォンでも音楽が聴けるようになり、またウォークマンなども新商品が開発されている中でどれが本当にいいものなのかを探し出すのだけでも色々苦労する。筆者は現在、Sony製のウォークマンを使用している、長年使っているというのもあるが、何といっても音楽であればSonyが信頼するに値する会社だと思っているからだ。少しばかり偏見もあるが、最近開発されている商品について言えば本当に凄いと思う。

ここからはそんなウォークマンについてと、そのウォークマンを利用するに当たって提供されているアプリケーションソフト『x-アプリ』についても話をしていこう。

ウォークマンの性能だけでも格段と進化した

現在発売されているソニーのウォークマンだが、最新の商品ともなると色々な機能を搭載したモデルが開発され、どれだけ技術的に成長し続けているのか実感することが出来る。現行の最新モデルに搭載されているものをピックアップして記述してみるのだが、サンプルとして現在発売されている中でも特に高性能だと評判を集めている『NW-ZX1』について見ると、驚き、というより本当にこんな機能まで必要なのかというものまで搭載されている。

NW-ZX1の特徴的な搭載機能

  • ・タッチパネル対応
  • ・DLNA機能
  • ・Gセンサー
  • ・Google Play対応
  • ・ハイレゾ音源対応
  • ・GPS搭載

スマホが一般的に普及したことでタッチパネルが搭載され、さらには最近話題のハイレゾ音源に対応していることは勿論、またウォークマンに果たして必要なのかどうかと疑ってしまうGPSも搭載しているという。位置情報を取得・提供することによって何かしらの特典が得られるのかもしれないだろうが、筆者的に言わせるとさすがにそこまでは、と思ってしまう。

このNW-ZX1がいかに凄い商品なのかは分かるが、少し残念なのがこちらも開発されてかなり好評を博している『デジタルノイズキャンセリング機能』がないことだ。この機能は音楽を聴いていてもどうしても流れてくる周囲の騒音を98%前後までカットし、音楽を聴きやすい環境に仕立てる機能だ。これによってむやみやたらに音量をでかくすること無く、より楽しめる機能が開発されたので筆者としても嬉しい限りだった。最新の商品となっている同機種の素晴らしさは十二分に理解できるものの、すでにキャンセリング機能を堪能していると少しばかり物足りなさを感じてしまう。ただもしも搭載されていたらいたで、値段の方も上がってしまうので何とも言えないところだ。

ウォークマンへ転送するソフトも忘れずに

従来、という言葉は既に相応しくないため過去に発売されたウォークマンなどは、ラジカセ、もしくはMDコンポなどを利用し、カセットやらMDなどに音楽をインストールしてそれらを再生することがプレイヤーとしての役目だった。しかし先端技術が発達したことにより、現在のウォークマンでは音楽をデジタルデータに変換して聴く事がメインとなっている。かつては懸命にカセットやらMDへと音楽を録音していた頃が懐かしくなるが、データ変換する技術が本格的に普及したことによって音楽を手軽に楽しむことが出来るようになった。その分音楽業界としてはCDの売上が減って、某大人数であれば売れると勘違いしているグループ企業の悪質特典商法があたかも横柄している時代を招いてしまったことにも繋がっているため、どっちもどっちだ。

現在ソニーのウォークマンで音楽をインストールするためにはパソコンに音源を取り込む、もしくは専用のサイトから購入してインストールしてからの主な2種類に分かれているわけだが、その際に使用するのが音楽アプリケーションソフト『x-アプリ』というものだ。こちらを利用すればアプリケーションを起動しつつ、専用の音楽ダウンロードサイト『mora』へのアクセスも可能となっている。利用している人もいるだろう、次からはそんなx-アプリに焦点を絞って話をしていこう。