これまで聞いていた音との違い

本物に限りなく近づいている

ただハイレゾ音源があれば本物を味わうことが出来るというわけではない。ここのところを少し注意しなければならないのが、ハイレゾ音源は確かにそれまで記録する事の出来なかった音源を、より立体的に楽しむことが出来るというものだ。どんなに頑張っても、ハイレゾ音源は直接コンサートホールで聴く音楽に勝る事はないにしても、極端に劣るわけではないというものだ。間近に慣れるくらいの音楽を楽しめなければだめなのではないかと思うかも知れないが、これはあくまで現時点で到達することが出来た、いわば通過点となっている。これから先もしかしたらハイレゾ音源よりも優れた音質を体験することが出来る機会が生まれるかもしれないが、まだまだ先の長い話となりそうだ。

とは言えど、このハイレゾ音源というのも現在の技術において最新となっているため、明らかに加工されて肝心な部分が聴けなかったと不満を持っている人もいるだろうとは思う、そんな人にとっては完全な意味での本物を体験することはできなくても、忠実に本物を再現している音楽を楽しめれば、まだ褒められるといっていいのではないか。それにそのままの音源を楽しめるといっても、イヤホンでそれをしたら相当な爆音が響き渡るのではないかというような、そんな別の意味で危なっかしさもあるかもしれない。

現在楽しむ方法は限られている

ただこのハイレゾ音源、今この瞬間に楽しもうではないかと張り切るのは勝手だが、所持しているウォークマン、もしくはヘッドフォンなどの品番を確かめてから購入した方がいい。何故かというと、まだ本当に新しい技術となっているため、現行モデルの中でも発表されたばかりの機種のみにしか対応していないという、本当にウォークマン業界の中でも最先端となっている機能だ。

それが意味するところは、ハイレゾ音楽を楽しむにしても対応しているウォークマン、そしてイヤフォンならびにヘッドフォンを用意しなければ、ハイレゾ音源の醍醐味を体感することは出来ない。このハイレゾはどちらともが機能していなければ、通常の音楽と変わらないため、その違いを認識することが出来ない。特にウォークマン本体は勿論だが、中にはパソコン本体にインストールする場合においてもハイレゾ音源対応でなければ再現することは出来ないといった、そんな弊害もある。

今後は対応している機種を中心に多くの製品が開発されることになるだろうが、主流の商材として一定の地位を形成するまでには少しばかり時間を要することになるかもしれない。

発表してからの流れとして

moraでは既に主流商品として大きく宣伝していることもあって、多くの人が購入していることがよく言われている。筆者がよく贔屓にしているアーティストのハイレゾ音源もベストアルバム発売と同時に配信されたが、いつに無く売上が好調を示したらしく、常にランキング上位に位置しているという結果をたたき出していたことを思い出す。

新商品を追い求めることが趣味という人にとっては既に対応機種を持っている、買い換えているという人も多いのかもしれない。このハイレゾ音源はウォークマンだけでなく、スマホやアイフォンなどにも対応しているため、普及スピードはウォークマンだけで数えたら緩やかだが、スマホなども含めたら加速度的に増えていくかもしれない。

より立体的に楽しむことが出来る

音楽データとして利用するMP3というファイルの名前を聞いたことがある人も要るだろう。このファイルに格納されている音源とは1つの音楽を部分事に切り分けてカットしているため、非常にシンプル且つコンパクトな仕上がりとなっている。切り取っているため、ハイレゾするにしても失われた情報は基本的に取り戻すことが出来なかったが、その失われた部分をハイレゾ音源化することによって音を自動的に保管しつつ、キチンとした情報ではないにしても、スケーリングしてハイレゾ相当の音質で堪能することも可能となっているため、音楽の楽しみ方もまた多くなってきている。